ワゴンR FX 2012年式はどう?






スポンサーリンク








ワゴンR FX 2012年式が気になる方が多いようですね!

 

ワゴンR FX 2012年式はどう?

 

5代目となるワゴンRは2012年から販売されていますね。

 

このワゴンRはスズキ独自の「ENE-CHARGE(エネチャージ)」や「ECO-COOL(エコクール)」など、低燃費化技術や軽量化技術などが盛り込まれた次世代環境技術を盛り込んだスズキ初のモデルとして開発されました。

 

スズキの次世代環境技術は「SUZUKI GREEN Technology(スズキグリーンテクノロジー)」と呼ばれ、2012年に発売されたワゴンRでその技術の高さを示しましたね。

 

たとえば、2012年製のワゴンR FXに搭載されたエネチャージは、元々アイドリングストップ車専用に搭載されていた鉛バッテリーに高効率の東芝製「SCiBリチウムイオンバッテリー」を追加し、さらにオルタネータの高効率・高出力化を実現しました。

 

こうして、2012年製のワゴンR FXの減速時に、発電・充電を行ってバッテリーに蓄え、その電力をオーディオやメーターなどのワゴンR FXの電装品に供給することで発電に使用していたガソリンの使用量をまず最小限に減らし、さらに2012年製のワゴンR FXのエンジン負荷を軽減することができます。

 

また、2012年製のワゴンR FXに搭載されたエコクールは、ワゴンR FXのアイドリングストップが作動してエアコンが送風運転に切り替わった時に、搭載された蓄冷材を通した冷風を送るという仕組みを持ち、こうして2012年製のワゴンR FXの車内温度の上昇を抑え、さらにエンジン再始動を抑制するという、なんとも考え尽くされたシステムですね。

 

このようなさまざまな工夫により、新型ワゴンRのS-エネチャージは装備されていませんが、2012年製のワゴンR FXで燃費30.0km/Lを記録するなど、現行ワゴンRと遜色のない高い燃費性能を持っているといえます。



スポンサーリンク





もちろん、2012年製のワゴンR FXでは外観デザインにも配慮され、フロントマスクはより力強くワイド感を強調していて、メッキグリルを採用するなど上質なデザインとなっていますね。

 

2012年製のワゴンR FXはこのように十分な性能を持っていますが、中古車市場に多く出回っているので、今後ワゴンR FXの購入を検討されている方も2012年製を候補に入れてみるのはいかがでしょうか?





PS.

※ディーラー見積もり額より70万円以上安く

ワゴンR 2017を購入したい方は必見!

以下の方法を実行しておかないと、

新車を購入する度に70万円以上

ドブに捨てている事になりますのでご注意を!




私がいつもご紹介させて頂いている無料

オンライン査定で、このサイトをいつも

見てくださっている東京都のAさんが

ワゴンR 2017購入の際、


ディーラー見積もり額より70万円安く購入

する事に成功しましたよ^^


⇒続きを読む











ワゴンRを購入の際はお忘れなく♪

ピックアップ記事

  1. ワゴンR 新型 2017 試乗の感想が気になる 方が多いようですね!ワゴ…
  2. ワゴンR 新型 2017のMTが気になる方が 多いようですね!ワゴンR …
  3. ワゴンR MH23S 改造おすすめが知りたい方が多いようですね!ワゴンR M…
  4. ワゴンR MH23S バッテリーの種類が気になる方が多いようですね!ワゴンR…
  5. ワゴンR MH23S リミテッドが気になる方が多いようですね!ワゴンR MH…
  6. ワゴンR MH23S ヘッドライトの種類が気になる方が多いようですね!ワゴン…
  7. ワゴンR FX 平成26年式が気になる方が多いようですね!ワゴンR FX 平…
  8. ワゴンR FX 2012年式が気になる方が多いようですね!ワゴンR FX 2…
  9. スズキ ワゴンR FXの評価が気になる方が多いようですね!スズキ ワゴンR …
  10. ワゴンR FXの価格が気になる方が多いようですね!ワゴンR FX 価格はどう…
PAGE TOP